読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金をふやそう

自由で楽しい人生を送るために、お金、時間、健康についてちょっとだけ真剣に考えるブログ

住宅ローンの事前審査と本審査の違い

銀行・信用金庫 銀行・信用金庫-ローン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:akanesky:20150222174001j:plain

 

銀行で住宅ローンの融資を受ける際には、事前審査と本審査の2段階があります

事前審査のことを仮審査と呼ぶこともあります。

それぞれどのような違いがあるのでしょうか?

茜空も最近セカンドハウスローンを組むために、銀行に融資の申請をしているのですが、銀行員の方に伺ってわかったことについて書こうと思います。

 

事前審査で、基本的なほとんどの審査を終えてしまう。

銀行によっても多少異なるかもしれませんが、事前審査で、保証会社の審査までかけてしまうようです。

いつくかのWebサイトで調べていると、事前審査は、銀行の審査で、本審査は保証会社の審査と書いてあるサイトもあります。

 しかし、多くの銀行では、事前審査の時点で保証会社も含めて審査して、ほとんどの審査を終えてしまうようです。

 

事前審査では、主に借入者の返済能力を確認しているようです。

 

事前審査が通れば、本審査はほぼ通る?

事前審査が通れば、ほぼ本審査は通ると思って大丈夫のようです。

 

しかし、本審査も審査である以上、絶対ではないです。

事前審査以降、収入の状況が変わったり、虚偽の申告がわかったり、健康状態に問題があったりすると、通らない可能性はあります。

また、過去に返済の滞納の経歴があったり、消費者金融の利用履歴などがあったりしても通らない可能性があります。

つまり、本審査では、借入者の信用を確認しているようです。

最終チェックですので、銀行上層の方が、総合的に融資の可否を判断されるようです。

 

特に、上記のようなことがなければ、本審査は通過できるはずです。

 

住宅ローンの事前審査にかかる期間は?

約1週間から2週間程度のところが多いようです。

ローン特約期限までに本審査を終える必要がありますので、契約後はすぐに動く必要があります。

住宅ローンの申し込みが遅延したり、書類の不備などの過失で、ローン特約の期限に間に合わない場合は、ローン特約が無効になり、手付金が戻ってこないケースがありますので、注意してください。

銀行の住宅ローン審査に落ちてから、次の銀行に申し込みしたのではローン特約の期限に間に合わない可能性が高いと思います。

審査を通過する可能性が高そうな銀行をいくつか並行して融資の申し込みを行う方が安全でしょう。その際、銀行員の方に、並行して他行にも融資の申し込みを行っている旨を伝えても問題ありません。