読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金をふやそう

自由で楽しい人生を送るために、お金、時間、健康についてちょっとだけ真剣に考えるブログ

これは買ってはいけない投資信託、日本郵政グループの株式ファンド

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:akanesky:20151023014507p:plain

近々、日本郵政グループ3社の上場が話題になっていますね。
NTT株以来の超大型上場なので話題になっているようです。
そんな話題性に便乗して、とんでもない投資信託ファンドが販売されているようです。
今日は、お勧めの投資信託ファンドではなく、買ってはいけない投資信託を紹介します。


そのファンドは、


三井住友信託銀行」の「日本郵政株式/グループ株式ファンド」です。


このファンドは、今回上場する日本郵政かんぽ生命保険郵貯銀行の3社のみを組み入れただけファンドになります。
申し込み手数料は1.62%(税込み)、信託報酬は年0.6912%(同)で、1万円から投資できます。

100万円分購入すると、手数料として1万6200円かかり、6912円、毎年信託報酬として差し引かれる計算になります。

投資信託のメリットは、プロが状況に応じて多くの銘柄を対象に運用してくれるから。
たったの3社が運用対象なら、自分で郵政3社の株を直接購入して運用する方が手数料や信託報酬がかからないので、絶対その方が有利です。

3社だけの投資ファンドなんて、どこにも買う理由は見当たらないですよね。
銀行のセールストークに引っかからないように注意してくださいね。

ご参考までに、三井住友信託銀行日本郵政株式/グループ株式ファンドのサイトを貼っておきます。

www.smtb.jp

ではでは。

投資は、投資信託だけでいい

投資は、投資信託だけでいい

忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術 (アスカビジネス)

忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術 (アスカビジネス)