読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金をふやそう

自由で楽しい人生を送るために、お金、時間、健康についてちょっとだけ真剣に考えるブログ

知らないと損するよ。書き損じはがきは新品に交換くれます

節約 節約-その他

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:akanesky:20151108030719j:plain

多くのみなさんは、切手付きのはがきを書き損じてしまう失敗をした経験はあると思います。
書き損じてしまったはがきは皆さんどうされていますか?

最近は電子メールでのやりとりが普及したので、特に年賀状で書き損じしてしまうことが多いのではないでしょうか。
少々の失敗でも、新年の挨拶ですから、書き損じたはがきを送るのは失礼にあたる気がするので、書き直しちゃいますよね。

あと、プリンターの印刷失敗で、大量の不良はがきを発生させてしまうと目もあてられませんね。

でも、安心してください。履いてます〰

ではなくて、書き損じのはがきは郵便局で交換してくれるんです。

ただし、交換手数料を払う必要があります。
例えば、はがきの場合は5円です。
はがきではなく、切手に交換することもできますよ。

あと、よくやってしまうのが、引っ越し前の住所に送ってしまい戻ってきてしまうケース。
「あて所に尋ねあたりません」「あて名不完全で配達できません」と印字されて戻ってきますよね。

f:id:akanesky:20151105063945j:plain

この場合は、残念ながら、交換してはもらえません。

年賀状の場合は、お年玉くじがついていると思いますが、もちろん、抽選結果を確認してから交換してもらいましょう。
もしかしたら、当選しているかもしれないですしね。

もう一つ、やってしまいがちなのが、インクジェット用のはがきを購入したかったのに、普通のはがきを購入してしまったケース。

この場合は、未使用であれば、手数料なしで交換してくれますよ。

インクジェットはがきを購入しようとしたところ、誤って通常の年賀はがきを購入したが交換できませんか? - 日本郵便


手数料などの詳細は、日本郵便のサイトをご覧ください。

書き損じはがきの交換 - 日本郵便
切手やはがきの交換手数料


そう言えば、もう、そろそろ、年賀状発売の季節になってしまいましたねぇ〰
早すぎる。。。
今年は、どんなデザインにしましょうかね。

筆まめVer.26 [ダウンロード]

筆まめVer.26 [ダウンロード]

筆まめ Ver.26 通常版

筆まめ Ver.26 通常版

筆まめ純正デザイン集 2016年版

筆まめ純正デザイン集 2016年版

筆まめSelect2016 年賀編 [ダウンロード]

筆まめSelect2016 年賀編 [ダウンロード]

筆まめデザイン2016 和風年賀状 [ダウンロード]

筆まめデザイン2016 和風年賀状 [ダウンロード]

筆まめデザイン2016 喪中・挨拶状 [ダウンロード]

筆まめデザイン2016 喪中・挨拶状 [ダウンロード]