読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金をふやそう

自由で楽しい人生を送るために、お金、時間、健康についてちょっとだけ真剣に考えるブログ

グレースケールなのに、なぜかカラーインクを消費!もったいないことをしているかも。

節約 節約-その他

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:akanesky:20160224005519j:plain

インクジェットプリンタを持っている方は、ぜひ、この記事を最後まで読んでください。

インクジェットプリンターのインクって、結構高いですよね。
インクカートリッジは1000円近くもするのに、ちょっとしかインクが入って思ったことないですか?
私はインクカートリッジを購入したり、プリンタのインクカートリッジを交換するときに、いつもそう思っています。

全カラーセットを購入すると、5000円くらいして、結構な出費になってしまいますよね。

節約志向の方は、できるだけ無駄な印刷はしないようにして、不要なカラー印刷を控えて、白黒印刷を心がけていると思います。
普段、カラー印刷は、あまりしていないのに、なぜかカラーインクの減りが早いと思っている方はいませんか?

そういう方は、印刷のときにグレースケールを選択していませんか?
心当たりありませんか?

少し補足を加えて、もう一度確認します。
印刷しようとしているアプリケーションで、「グレースケール」を選択して印刷していませんか?

そのとき、プリンタドライバのカラー選択は、「カラー」になっていませんか?

プリンタドライバの設定が「カラー」の場合は、カラーインクを使用して、黒を表現している可能性があります。
つまりグレースケール変換した画像をカラーインクで印刷しているということになります。

その場合、カラーインクをどんどん消費することになります。
そして、おそらくランニングコストは、モノクロ印刷の数倍になると思います。


アプリケーションによって、プリンタドライバと連携している場合やしていない場合など様々です。
アプリケーションのプリント機能でモノクロを指定するよりもプリンタドライバの設定でモノクロを指定する方が確実です。

心当たりのある方は、次回の印刷で確認してみてくださいね。