読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金をふやそう

自由で楽しい人生を送るために、お金、時間、健康についてちょっとだけ真剣に考えるブログ

知らないと高くつく。コンタクトレンズのランニングコスト節約法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:akanesky:20151020022056j:plain

日本人は、他国と比べても近視率が高いことが知られています。
近年の調査では、日本人の約1/3程度が、視力矯正が必要なレベルの近視になってしまっているそうです。

実際、身近な人にも近視の人は多いのではないでしょうか。
むしろ、コンタクトレンズも眼鏡も不要の人の方が珍しいくらいかもしれませんね。
私の実感的には、2/3くらいの人がなんらかの視力矯正手段を利用しているように感じます。

最近では、使い捨てコンタクトレンズが安価になり、安全性も高まってきたため、かなり普及してきています。
コンタクトレンズは、基本的に毎日使うものですし、定期的に交換する必要があり、また、コンタクト洗浄液や保存液も消費しますので、かなりのランニングコストになると思います。
定期的に眼科検診も必要ですので、それも含めるとさらに高くなります。

ランニングコストを試算

2週間用使い捨てソフトコンタクトレンズ(6枚入り、3ヶ月分)を仮に 2500円として、両目の装用が必要とすると、年間2万円になります。
さらに、保存液や洗浄液も加えると、年間3万円程度にもなるのではないでしょうか。
レンズの種類や交換頻度、手入れの方法によっては、4万円~5万円くらいかかってしまう方もいらっしゃるかもしれないですね。

海外のコンタクトレンズを格安に購入してランニングコストを節約

海外のコンタクトレンズなら、かなり格安に購入することができます。
処方箋も不要で、ネットで注文可能です。
日本語のページなので、ハードルは全くありません。

海外のコンタクトレンズといっても日本で売られているものと同じ

国内で売られている一流メーカーのコンタクトレンズの海外向けのものなので、品質は同じです。
ですので、安全性も心配ありません。
商品名は、日本と海外で異なるケースもあります。

海外のコンタクトレンズはどうして安い?

コンタクトレンズは生活必需品のため、その国の経済力に合わせて価格調整がなされています。
日本よりも安くで販売されている国の商品を輸入する形で購入できます。
個人輸入の代行という形で輸入されるため、数量には制限があり、通常は商品を4箱単位で梱包されて、発送されてきます。

送料は業者によって大きく異なるので注意

個人輸入代行業者によって、送料が大きく異なります。
コンタクトレンズを安く見せかけておいて、送料を高めに設定している業者も多くみられます。
商品代と送料のトータルで安い業者を見つけてください。
通常は、箱数によって、送料が異なります。
4箱単位で注文するのがコストパフォーマンスが良いでしょう。

おすすめのお店は?

私は、フェイキック手術で視力を矯正したので、コンタクトレンズは不要になりましたが、私がコンタクトレンズ時代にいつも利用していた安いお店を紹介します。ちなみに、フェイキックは、永久に使える眼内レンズです。
角膜の厚さが基準値以下だったので、レーシック手術はやめておいた方がよいと言われ、フェイキックを選択しました。
それはさておき、発送も迅速ですし、商品も全く問題はありませんでした。
一度購入すると、メールでクーポンコードが送られてきて、200円程度割引になることもあります。

安いお店を探し出すと結構キリがないですよね。
私もあちこち探しましたが、結局このお店に落ち着きました。
品物にもよるので最安かどうかはわからないですが、他店の平均よりも間違いなく安めのお店です。
逆に激安すぎても、ちょっと怖いですよね。

お店の名前はそのままですね。「安いレンズ」です。



もうお店で買えないこの安さ!しかも4箱以上送料無料!
格安コンタクトレンズ通販『安いレンズ』

楽天のショップで購入してもすごく安いです。
例えばこれ。


ボシュロムメダリストプラスならこれ。


すごく安いでしょ?

コンタクトケア用品は国内ネットショップでも安い

保存洗浄液は、いずれ消費するものなので、大量購入で安く仕入れてストックしておきましょう。
近所のドラッグストアで1本ずつとか1箱ずつとか買うのはもったいないですよ。

楽天でも結構安く購入できます。
例えば、このセットなんかはかなりお得だと思います。


使い捨てコンタクトレンズは2週間用が最もコストパフォーマンスがいい

装用感、商品のラインナップ、コストを踏まえると、2週間用が最もコストパフォーマンスがいいと思います。
花粉アレルギー持ちの方には2週間用をおすすめします。

1日用の方が装用感が良さそうな気はしますが、1日で捨てることを想定しているため、通常は2週間用よりも品質が悪いです。
装用感は、2週間用の方が良いと思います。
2週間以上のコンタクトレンズは、レンズに蛋白が溜まり過ぎて、花粉アレルギーの方は装用感がかなり悪くなると思います。
私も色々な期間のコンタクトレンズを試しましたが、最終的には2週間用がもっともコストパフォーマンスが良かったです。

おわりに

コンタクトレンズだけでも、少しのやりくりで、年間1万円くらいは節約できるのではないでしょうか。
できるだけ節約はした方がいいですが、定期的に眼の検査は受けてくださいね。