読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金をふやそう

自由で楽しい人生を送るために、お金、時間、健康についてちょっとだけ真剣に考えるブログ

受験生にお勧めしたい!本当の意味で数学を理解できる細野先生の本

学習

スポンサーリンク

スポンサーリンク


お金をふやすには数学に強い方が好ましいということで、今日は、数学のトピックについて書きたいと思います。

数学のトピックといっても数学自体を語るわけではないです。
数学に関する書籍の紹介です。

私は、高校3年間勉強をさぼってしまったこともあり、1年間浪人しました。
ちょっと話は逸れますが、浪人時代は、代々木ゼミナールに通ってました。
これまでの人生の中で、もっとも勉強しましたね。
飯と寝る時間以外はずっと勉強していました。

どの教科もついていけず、落ちこぼれ状態なり、9教科中5教科赤点状態でした。
特に数学は高校1年生の時点で、早くも脱落してしまい、全くついていけない状態になってしまいました。
遅れを取り戻すべく、塾や予備校で勉強しましたが、数学に関しては、細野真宏先生の「面白いほどわかる本」シリーズで、単に公式を暗記するのではなく、本当の意味で数学の原理を学べることができました。めちゃめちゃわかりやすかったので、当時発売されていたシリーズ全巻買い揃えました。これ以上わかりやすい数学の本や教材に出合ったことがありません。
私にとっては、この細野先生の「面白いほどわかる本」が受験数学のバイブルとなりました。
おかげで、あんなに落ちこぼれていたのが、公式の意味もわかるようになりましたし、公式を応用して適用することができたので、かなり解ける問題の幅が広がったように思います。

「偏差値を30から70に上げる数学」とやや控えめに表紙に書いてあるのですが、決して大げさすぎるわけではないと思います。さすがに偏差値70まではいかなかったですが、いいときで偏差値30くらいは実際にアップしました。
少し前に映画で流行っていた「ビリギャル」みたいですね。

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話[文庫特別版] (角川文庫)

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話[文庫特別版] (角川文庫)

この細野真宏先生は、驚くことに、大学1年生のときから、大手予備校の講師を務められていたそうです。著者紹介にそう書かれています。
確か、私がこの本を手に受験勉強をしていたときは、確か、細野先生はまだ学生だったと思います。

少し昔の本になってしまいますが、数学の原理を学べる本で、いつまでも十分通じる知識を身に着けられる内容です。
少し大げさかもしれませんが、この細野先生の本に出合ったからこそ、落ちこぼれていた高校時代から敗者復活でき、無事大学の理系学部に入学し、大学院で修士を取得して、難なく就職もできました。

細野先生の「面白いほどよくわかる本」シリーズは、理系、文系問わず、高校生、大学受験生にめちゃくちゃお勧めです。
この本で学んだことは、特に理系の方は、大学に入ってからのベースともなりますし、汎用的な数学的思考もめちゃくちゃ強化されて一生ものの宝物になることでしょう。

そろそろ、受験勉強も追い込みの時期になりましたね。
数学の点数がなかなか伸びず、苦悩の日々を送っている受験生さん。細野先生の数学解説本で、何か道が開けるかもしれないですよ。