読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金をふやそう

自由で楽しい人生を送るために、お金、時間、健康についてちょっとだけ真剣に考えるブログ

住宅ローン借り換えの現金は不要。逆に現金が手に入ります

銀行・信用金庫 銀行・信用金庫-ローン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:akanesky:20151010150626j:plain

昨今、超低金利なので、住宅ローンの借り換えに興味がある方も多いかと思います。

住宅ローンの借り換えって、手数料や保証料などの諸費用が100万円前後必要ということを耳にしていて、よほど大きな金利メリットがない限り、躊躇している方も多いのではないでしょうか。

実は、住宅ローンの借り換えには諸費用の現金はいらないんです。

逆に現金が手に入ります。

それはどういうことかというと、諸費用も含めた金額で、ローン借り換えしちゃうんです。

もちろん、借り換えによって、一時的に借り入れ総額が増えてしまいますが、金利が低くなることによって、それでも、毎月の返済額が下がることが多いんです。

さらに、借り換えの際には、今借りている銀行のローンを返済することになりますので、ローンを組むときに支払った保証料が、残りの年数に応じて、返ってくるのです。つまり、この保証料の返金分が手元に残ります。

より低い金利のローンへの借り換えの事務手続きのみで、総返済額は下がり、毎月の返済額は下がり、手元には現金が入るなんて、借り換えしない理由はほとんどないと思いませんか?

もちろん、返済の残り年数や、ローン残額、下がる利率などによって、

メリットがないこともありますので、銀行の窓口でシミュレーションしてもらいましょう。

金利が0.5%以上下がって、まだかなりの返済年数が残っているのであれば、メリットはあると思います。


銀行への相談は0円なので、リスクもほぼ0ですね。


okanewofuyaso.hateblo.jp